アマルフィのサン・ビアジオ教会by www.capriblue.com

サン・ビアジオ教会

Chiesa di San Biagio

アマルフィ海岸 アマルフィ教会

カプリブルーのfacebookページ じっくり読める最新情報をどうぞ イタリアリゾート最新情報はtwitterでどうぞ 今すぐfollow me ! RSSフィードはこちら


  • 詳細情報

    サン・ビアジオ教会
    Chiesa di San Biagio


    アマルフィの市街西側の断崖沿いに貼り付くように家々が密集する、歴史ある地区ヴァリエンドーラ(Valiendola)の最上層の小さな教会。

    かつてこの場所にはアマルフィ市街を守る4つの門の内、ヴァレヌッラ(Vallenulla)と呼ばれる西の門があった。 1082年(もしくは12世紀)に建てられた教会は聖ビアジオ(San Biagio)を祀っている。
    ビアジオは3-4世紀のアルメニアの司教であったが、ローマ人に投獄され、拷問を受けながらもキリスト教からの改宗を拒んで316年に殉教した。功績のあった医療に加え拷問に使われた鉄梳から畜産、農作の守護聖人とされ、殉教したとされる2月4日近くの祭では、教会から鉄梳を手にした聖人像の神輿を掲げての行進が執り行われる。

     教会内は単身廊のシンプルな構造ながら18世紀の陶器タイルの床で装飾され16世紀の宗教画が残されている。
     この地区の頂点をなすビザンチン様式の鐘楼は、女性的な姿が美しく、男性的な風格のドゥオモの鐘楼(Campanile del Duomo)と好対照をなすアマルフィのランドマークである。

     登り口となるドージ広場(Piazza dei Dogi)からの細い階段路地(Via S.Nicola dei Greci)の勾配は健脚でも息をきらせるが、ここからの市街と港、地中海の眺望は素晴らしい。


    カプリブルーのfacebookページ じっくり読める最新情報をどうぞ イタリアリゾート最新情報はtwitterでどうぞ 今すぐfollow me ! RSSフィードはこちら


このエリアの観光関連情報